Idea4U ブログ

ビジネスに役⽴つマーケティングに関する話題などをお届けします。

2016年11月28日

ダイレクトマーケティングでよくある課題

marketing_image.png

チラシやDM、Eメールや広告など、消費者に向けて情報発信できる方法は、時代と共に多様化しております。ただ、消費者はさまざまなチャネルと接触しているため、本当に必要な情報が埋もれてしまっております。

不二印刷では「お客様の売上や利益の向上に貢献する」ことを経営理念の一部に掲げております。お客様との会話の中でも、次のような話をよく耳にします。

  • 売上が伸びない、利益が上がらない
  • 開封率・反応率が上がらない
  • 購入・成約につながらない
  • 離反顧客が多い
  • 休眠顧客が掘り起こせない

他でもよく聞く話だと思います。
ただ、製品やサービス内容の変更、広告等の頻度増減、人的な対応などには、リソースの限度もあります。

これらの課題を掘り下げていくと、次のような課題も考えられます。

  • 製品やサービスが認知されていない、リピーターが増えない
  • ターゲットが広くて、誰がどんな反応しているかストーリーが見えない
  • 誰がどこで立ち止まっているか見えない
  • 誰がどのような嗜好に変化しているか分からない
  • 誰が復活する可能性があるか分からない

これらは「誰が」「どんな状況」であるか把握できないことによる課題となってきます。1人1人の状況を把握できる環境をつくり、「いつ」「何を」「どのように」コミュニケーションするかを決める必要があるのではないでしょうか?

<不二印刷:ダイレクトマーケティング>
http://www.fujiprinting.com/services/marketing/direct-marketing.html